フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Face Book

何でもあり掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 使い難いブログ! | トップページ | またもや世間知らずの、、、 »

2007年10月12日 (金)

エセ人道主義!

人が人を故意に殺めたら死刑にすべき! 、と云うと必ず自称ヒュ-マニスト達から反論が出て騒ぎ出す。特に○○キリスト教団体、○○人道主義者、etc、etc。彼らの言い分は『人が人を裁く事はできない、死刑は殺人に等しい!』、、、と。 彼らは自分の身内が被害者になった事がないからそんな呑気で非現実的、無責任な事を云っておられる。神のみぞ裁く権利あり! なんて云ってたら法治国家は成り立たない。

数日前から鳩山法務大臣の「死刑執行の命令書に法務大臣の署名が必要な今の死刑執行のあり方について『法務大臣の信条によって死刑の執行が行われる人数が違うのはおかしい。法務大臣が絡まなくても、自動的に、客観的に進む方法を考えてはどうか!』、ともっともな問題提起発言に対して、案の定野党各党、上記エセ人道主義者達が猛反発し出した。しかし今回の鳩山大臣の言ってることはまさに正論であり大賛成!

古い話だけど以前、小泉内閣の時の何とか?法務大臣の発言にアタマにきてHPの“今日の独り言”の中でこんな事を書いたが、、、http://www.nurs.or.jp/~yide/diary/diary5.html (2005年11月2日 記)

<引用>地獄の沙汰も金次第、じゃないけど“命の長さも大臣次第”!死刑制度についての賛否両論は昔からの話題だが、昨日発令された新法務大臣が『自分は死刑執行命令にサインしない!』と明言、しかしその1時間後にその発言を撤回。こんなニュ-スを"塀の中"の死刑囚が聞いたらどう思うだろう? 総選挙、新内閣発足、新法務大臣確定、その大臣によって死刑執行が左右されるのだから新内閣発足の度に気が気ではないだろうな~。

今度の新法務大臣(小泉内閣時代の) も最初は死刑制度について、やれ哲学がどうの、やれ宗教がどうの、とか何とか感とか難しい理屈を云ってたが、自分の信念として死刑制度に反対なら反対で良いさ。ならば法律改正の活動なり運動なりをすべきであって、自分はサインしない、、、と云う事は、別の法務大臣が死刑執行するならどうぞ、って云ってる様で何だか責任逃れの様に聞こえる。それこそ人の命を何と思ってんだッ! 聖者のような事を云いながらテメェ-の発言の矛盾点に気がついていない。

最初の発言を聞いたオ-ム被害者などから早速非難の声! 当ッたり前だろう! 以前http://www.nurs.or.jp/~yide/diary/diary3.html (2003年3月5日 記) や http://www.nurs.or.jp/~yide/diary/diary4.html (2004年2月25日 記) でも書いたが、日本の現行法律は“人権”の名の下に加害者優遇、被害者冷遇なんだから! 戦争や過失致死罪の加害者は別として、計画的故意の殺人を犯した者は当然死刑! 人を殺しておいて自分だけは生き延びる、な~んてもってのほかッ! さらに自称“人権派”の偽善にもヘドが出る。 (2005年11月2日 記)<引用終わり>

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 使い難いブログ! | トップページ | またもや世間知らずの、、、 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

【注】下段の各≪写真集≫は2019年3月以降、現サーバーの改編で継続不可となりました。従って多数写真のアップはブログ記事内で紹介しています。