フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ブラジル行-その3- | トップページ | ブラジル行-その5- »

2007年8月19日 (日)

ブラジル行-その4-

日本からブラジルはやっぱり遠い! ブラジルは地球の裏側、否ブラジルから見たら日本が裏側! 飛行機で実質24時間、便によりトランジットタイムを入れたら30時間ほどもかかり、これはここ30年間ほとんど変わっていない。地理的に遠いだけでなく、日本のマスメディアはブラジルや中南米に関するニュ-スをほとんど流さないので、日本人でもよほど中南米に関心がない限り何も知るよしもない。(NHKの海外ニュ-スはアメリカと中国の話だけ!)

私がサンパウロ滞在中の7月、ブラジルのリオデジャネイロで開催されたパンアメリカン・オリンピック (カナダからアルゼンチンまで南北両大陸の全ての国が参加) など日本のメディアは流したのか?

また7月17日(日本時間同18日)、サンパウロ中心部のコンゴニャス空港で旅客機が着陸に失敗して約200人が死亡したTAM航空の事故を日本ではどれだけの人達が知ってたか? (ある日本の友人からのお見舞いメ-ルを現地で受け取り大変嬉しかった!)

これを書いてる今8月19日、つい一昨日17日のペル-沖地震のことはさすがにTVで大きく取り上げていたけど、私が7日に帰国した事を知らない一部の知人からお見舞いのメ-ルを頂いたが、これなど一般日本人がブラジルもペル-も頭の中では南米の同じような場所? と、この程度の認識しかないせいだろう! 東西ヨ-ロッパの小国や中近東、アフリカ大陸の諸国を一般日本人が知らない事と同じ!

ブラジルの事、一般的に日本人はリオのカ-ニバルや海岸の丘の上に立つキリスト像、1200pxredentor1 それにアマゾンのジャングル、サッカ-王国、、、ぐらいしかご存じないけど、実際にはGDP世界第9位、面積は日本の23倍、首都ブラジリアは原野の真ん中に人工的に創られた巨大な都市、サンパウロは中南米の全ての都市の中では最大の経済都市で東京やニュ-ヨ-クのような大都会!

 

Img_0255 Av.Paulista(パウリスタ大通り) はサンパウロのど真ん中、ビジネス街の中心。ブラジル人は働かない?とは大いなる誤解! 早朝6時から人々は活発に動き回っている。                              

 

Img_0256 その一角に立つ三菱商事ビル(左)と三菱東京UFJ銀行ビル(右)。市内美化運動とかで街中の看板が外されていた! ここだけでなくサンパウロ市内は全て看板が外されチョットと惑ったが! ただ市の中心部では新しくビルが建設されている様子はなく、その点は中国とは大違い、やっぱりブラジルは眠れる大国か? “BRIC's”と日本では話題になってるが!                                                                                                                                                    

Img_0268

パウリスタ大通りと交差するAv.23 de Maio(5月23日街道)。ご多分にもれずブラジルも車天国! 朝夕の渋滞は凄い! 車は最近ではFIAT(イタリア)がVW(フランス) を抜いて人気とか! 日本車ではHONDAだが高価! また以前は無かった大型ショッピングモ-ルもたくさん出来てて商品が溢れていた。ただ電気製品について云えばテレビを初めそのほとんどはLG、サムスンなど韓国勢が圧倒的!  日本製品は完全に敗退状態!(涙)                                

Img_0262

サンパウロの中心と近郊を結ぶ地下鉄。東西線と南北線が完成し、現在環状線の建設中。乗り心地はグ-ッ! ただ駅構内のインフォメ-ションが不親切で慣れない者にはチョット分かり辛い。

(続く)

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« ブラジル行-その3- | トップページ | ブラジル行-その5- »

コメント

そうそう飛行機事故
NHKでやっていて
日本人が乗っていたなんていうもんだから

もしや!!
光頭老さん!!!乗ってないだろうな~と
名古屋に電話しようか 悩んでいるときに
ニュースで日系の方のお名前がでたので
安心していたのですが
沢山の方が亡くなられていたんですね
残念なことでした

あの事故の日は私がサンパウロの近郊の街に行ってる時でした。
TAM航空って会社で、ブラジル南部のアルゼンチンに近いポ-トアレグレ からサンパウロまでの国内便でした。
サンパウロ市内には飛行場が二箇所あります。
昔の香港のカイタック空港の様な、街のド真ん中にあるコンゴニャス空港が今回事故を起こした国内便空港、そして郊外にある国際線空港がグゥワリュ-ロス空港、の二つです。
ブラジルは国内が広い(日本の23倍)ので飛行機が発達しています。
長距離寝台バスや汽車もあるけど、やはり飛行機が国内移動ではダントツ! もちろん500㎞程の近距離では自家用車。

この記事へのコメントは終了しました。

« ブラジル行-その3- | トップページ | ブラジル行-その5- »