フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« ブラジル行-その1- | トップページ | ブラジル行-その3- »

2007年8月15日 (水)

ブラジル行-その2-

サンパウロに朝9時頃到着し、その日の昼食で、いきなりシュラスコ(焼肉BBQ)! 30時間ほどの運動不足便秘気味の身体でいきなり濃厚な牛肉を喰えるか? と思いきや、、、やはり元来好きな物には目がない性分、ケロッと食べて大満足。もちろん冷えた生ビ-ルの助けを借りて!

01

ブラジル風焼肉BBQ“シュラスコ”は牛肉の各部位を岩塩だけの味付けで炭火で時間を掛けて焼いた肉。肉の本来の味が出て美味い! 日本の高級ブランド霜降り牛肉とは、そのカテゴリーが全く違って比較の対象にはならない。

到着した日の夕刻、サンパウロ市郊外の街(Sao Bernardo do Campo) に移動、

Img_0156 翌日からここと市の中心を行ったり来たりしながら、旧友や知人と再会して旧交を温める。

                                   南半球のブラジルは7、8月は真冬。連日気温10度前後で寒い! しかし早朝や家の中は肌寒くても陽当たりの良い外部は快適! いかにも大陸的な気候でカラッとしている。

ある日知人の親類の法事に参列。日系人が多いサンパウロには仏教のお寺も有って、この日は東本願寺にお参り!

Img_0158

市の中心を走る片側4車線の高速道路!

 

サンパウロ東本願寺は立派なお寺だが、外観は何だかイスラムのモスクみたい?Img_0159

Img_0161

 

ブラジル日系人と言えば、、、                  来年2008年が移民100年祭、日本から皇室が訪れたりモロモロの企画が予定されているもよう! それは良いとして、もともと国策にのっとって農業移民としてブラジルに渡り、艱難辛苦した一世達も今や数少なくなり、二世の平均年齢がたしか50~60歳前後! 極端な話すでに五世も誕生しているとか? 当時の日本の経済的困窮状態は海外にその活路を見出すべく、国策としてブラジルだけでなく米国や中南米諸国に数多くの日本人が渡ったが、、、、

それが今や逆転現象! つまり日本の高度経済成長時代を経て、バブルが始まった20年ほど前から、今度はブラジルから逆に日系人がドット日本に出稼ぎに来始めた。現在では日本の各地方都市に至るまで数多くの日系人が滞在している不思議な現象! その数27~30万人も!

(続く)

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« ブラジル行-その1- | トップページ | ブラジル行-その3- »

コメント

 お帰りなさい! お疲れさまでした。 というより思いっきりエンジョイされましたか? 約1ヶ月。30時間以上もかけていくのですからそのくらい滞在したいですよね。第二の故郷でしょうから今回は時間を気にせず楽しまれたことと思います。
 こちらも夏真っ盛りです。一昨日、南アルプスの赤石岳から大井川の源流付近(本当の源流は間ノ岳ですが)「さわら島」という場所に下山しました。そこは「東海フォレスト」という、あたりいったいを所有する「東海パルプ」の子会社がロッジを運営していて生ビールも飲めるのですが、本当に奥地です。送迎バスと「しづてつバス」で静岡駅に出るのに乗車時間だけで4時間半。実際には大井川鉄道も利用したので、さらに時間はかかり、朝7時半に出発して、東京駅についたのは16時過ぎでした。行政区間としては静岡市から東京駅に戻って来ただけなんですが・・・。
 あさっては香港からのゲストを迎えて日帰り登山です。いづれも近々サイトにアップしますので是非ご覧下さい。
 ブラジルも行きましたから、次は「関東」ですか?お待ちしております。

ブラジル行ってたんですね。写真見てはお元気そうなお二の姿を見て、嬉しくなりました。
私は少しづつ大きくなってきたお腹を抱えて、毎日30分ほど散歩をしています。これが唯一の運動です。
仕事を辞めてからは単調な毎日で暇をもてあそんでいますがこれも12月には一転して忙しく(騒がしく?)なるのですから、今思う存分ノンビリ過ごします。
香港は今台風シーズン。と、言っても今年は少なく、働く人々からはブーイングの様です。
実は、今日やっと‘光頭老’で検索して、このブログを発見しました。これで、楽しく日中を過ごす事ができます。
またコメントさせて頂きますね。
(あ~、今回は‘コメント’と言うより、お便りですね・・・失礼しました。)

この記事へのコメントは終了しました。

« ブラジル行-その1- | トップページ | ブラジル行-その3- »