フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

« 毎日が日曜 | トップページ | ブラジル行-その1- »

2007年7月 4日 (水)

口は災いのもと?

口は災いのもと、か? 原爆是認?発言で久間防衛大臣が辞任に追い込まれた。テレビのト-ク番組でキャスタ-が半ばムキになって『何回聞き直してもあれは原爆投下是認発言だ! 大問題だ!』と、久間大臣のある講演での発言を取り上げていたので、何事か?と興味をもって聞いていると、番組の中で流された大臣の講演内容と問題の件の録音。内容は省略するが最後の『しょうがない!』の一口が即ち原爆投下が“しょうがなかった”、つまり“原爆是認”と受け取られたようだ。しかしテレビで流された大臣の発言を聞いて私が感じた事は、必ずしも原爆投下そのものを是認した発言とは思えなかった!

“しょうがない”発言は、先の大戦末期、ソ連による密かな日本侵攻野望、これに対するアメリカの戦略、つまり米ソ冷戦前の状況と、これらに対する時の日本政府と軍部がその世界趨勢を把握出来てなくて戦争が長引いた事、その結果米国の原爆投下に至ってしまった! この歴史の事実に対するある種の焦燥感、済んでしまった事へのあきらめ感? 的な意味合いで “しょうがない”、“しょうがなかった”と話したように私には聞こえた。久間大臣だってもちろんどんな理由、大義名分があろうと原爆投下は無差別殺人なので許される事ではない事ぐらい分かっているだろう!

しかし、何と云おうとテレビ出演のいわゆる知識人や参院選への影響を避けるためか?政治家のコメントを聞いていると10人の内10人が大臣の発言を原爆投下是認と受け止められても仕方がない、との意見! だから問題だ! と語っている。それでは何故私にはそんな風には聞こえなかったのか?

いわゆるメディアの記者は人の発言の言葉尻だけを捉えて、話の文脈全体を捉えようとしない事は周知の事実。しかし今回の件は必ずしもそうではない様子なので、ますます解らなくなった! 私の方が頭がおかしいのか?

因みに私は久間大臣のファンでもないし、また以前彼が発言したアメリカのイラク攻撃は間違いだった! 発言などを加味すると彼が別にアメリカ擁護の発言をしたとも思えない。ようするに彼はただ単に口が軽い、ホンネをポロリと出すオッサンだろう。あの防衛大臣にしては似合わない丸顔スマイルからも伺える。

もう一つ因みに私も久間大臣と同じく長崎出身、さらに云えば市内だったので原爆被爆者でもある!、、、なのにどうして今回の彼の発言が他の人達とは違うように聞こえたのかな? 口は災いのもと、と云われるが、政治家はもちろん一般市民でもホンネを語ると、時として人間関係がギクシャクしてしまう。いつでも何処でもホンネでしか話が出来ない自分も思い当たる事が多々あるな~!

◎コメントを読んだり、書いたりは こちら からどうぞ!

« 毎日が日曜 | トップページ | ブラジル行-その1- »

コメント

ウ~ん!
是とも非ともコメントしませんが、いつもながらこのコラムは読みごたえがありますね。やはり筆者がホンネで書いているところがその源泉でしょう。そのことに敬服!

この記事へのコメントは終了しました。

« 毎日が日曜 | トップページ | ブラジル行-その1- »