フォト
2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Face Book

何でも掲示板です↓

“趣味の音楽関連”

無料ブログはココログ

2016年9月26日 (月)

車の自動運転よりも、、、?

最近、車の自動運転開発が話題になっている、、、!
しかし私はその目的が疑問? 各自動車メーカーは競ってその開発に
挑んでいる様で、如何にも近い将来、自動運転の車が普及する、、、?
みたいな事を云ってるけど!?

自動運転と聞いて思い付くのは、、、?
私自身は既に自家用車の運転を止めて久しいが、人が自身の手足で
車を自由自在に操る“運転”こそ、その醍醐味であり、それを機械が
やるのであれば自家用車の意味はなくなり、、、
全ての人がタクシー等を利用すれば済む話になるのでは?、、、と!


◎報道によれば、将来の自動運転の見通しとして、、、
既に車メーカー各社が高速道路を自動で運転するデモなど、各種実験を
実施していて、例えば将来の無人タクシーの運営が実証実験に入るとか、
またタクシーや電車がないなど交通の不便な地域の住人の利用など、、、
それら諸々が想定され、また身体にハンディキャップのある人や、
免許を返上した高齢者などへ交通手段を提供すること、、、等々も
その目的として挙げている。
スケジュール的には下図のように段階的な開発ステップとなるらしい!

P1_2
また政府も、、、
『戦略的イノベーション創造プログラム 自動走行システム研究開発計画』
、などと如何にも仰々しく派手に後押ししているが、、、




◎私が思うに、、、
先ず、上記した様な目的なり、その近未来の可能性なりを否定はしない。
多分、未来の社会はそんな自動運転車の世の中になるのかも知れない?
しかし 結論として、今その自動運転車の開発が必要なのか? 疑問?

23b0b74c
自動運転車は今のところ高速道路走行を条件、対象に考えられている
様だが、ここで素人の私が思い付く単純な疑問点を挙げれば、、、

(1)他車との車間距離は車載コンピュータ(人工知能)は1/1000秒(1ms)
で判断できる。だから人間に比べればはるかに速い、、と云っているが、
そもそもセンサ自体の故障とか、前後左右全ての角度からの近接物体に
対するその検出時間は、気象条件や相対速度などあらゆる全ての
条件下で常に1msで一定なのか?

(2)また一般的な疑問点として、自動運転車は、もし事故した時には
自動車メーカが全保障しなければならない筈だが、その事は保険なども
含めて考慮されてるのか?

(3)ブレーキ・アシストは本来運転者がブレーキを踏むのを補助するので、
故障しても運転者の責任に出来るが、自動運転車はそうはいかないが、
この点はどの様になるのだろう?

(4)自動運転のシステムが故障して、たとえアラームを出したとしても、
運転者が眠っていたら無意味なのでは?

(5)車そのものの故障と自動運転システムの故障のどちらが故障したか?
その判断は技術的に可能なのか?
判断できない場合は、全て自動運転システムの責任になるのか?

(6)高速道路などでの合流や追い越し、譲り合い、、、それらの判断は?
つまり人間の情緒的判断の部分と、機械による判断との兼ね合いは
どの様にクリアされるのか?

(7)そして全国の高速道路以外の全ての道路にまで、その自動運転車の
普及が可能なのか?  これは将来的にもまず不可能ではないの?
その他、考えれば考えるほどモロモロ疑問点が出てくる。



◎従って私は、、、

今は自動運転車の開発よりも、現在の車社会での問題点の解決、、、
こちらの方が、その優先順位としては高いのでは?、と思う。
それは交通事故の中でもっとも悲惨な飲酒運転事故 のことだ!

飲酒運転は結論として絶対に無くならないだろう!
01過去、警察や地域がいくら飲酒運転防止の
キャンペ-ンをはったり、罰則強化しても飲酒運転
するヤカラは減らなかった!
彼等は元々自分は酒に強く、少々飲んでも
酔わない! との思い込みが有るからだ。

さらに、そもそも交通事故は他の殺人事件と比べて罪が軽く、その事
自体が矛盾している。人一人殺したら例え交通事故だろうと場合に
よっては現在の“危険運転なにがし法”よりもさらに厳しく極刑にすべき。
車も一種の凶器だし、ましてや飲酒運転だったら尚更の事だろう! 

そこで私は 「自動飲酒運転防止装置」の開発を強く望む!
今後、飲酒運転防止キャンペ-ンを何十回、何百回と繰り返すよりも、
運転者が酒飲んだらハード的にエンジンが掛からない様にすべき!

現在の最先端技術を駆使すれば、例えば掌や指の微量な汗から
アルコ-ルを感知するセンサ-をハンドル全体に埋め込み、運転者の
酒を感知したらエンジンが掛からない、とか? 
(しかしその場合手袋されたら?)

或いは古くからあるアルコ-ルチェックとしての呼吸からの感知方法、
これをエンジン始動時のキ-とのAND条件 にして、先ず全ての車の
運転席に小型の吸気管を付けて運転者はそれに向かって息を吐き出す。
アルコ-ルを微量でも感知したらエンジンが掛からない、とか? 

別の方法としては身体の一部、例えば耳朶から瞬時に採血、その微量
血液から即時にアルコ-ル度合いを検出、これをエンジン始動の条件に
するとか! 

とにかく、、、
運転者のモラルに頼るより何らかのハ-ドウェア的対策しかないだろう!
現在のカ-エレクトロニクスを駆使したらコスト的にもさほど問題には
ならないのでは? 
前記の自動運転とか、また不要不急なカ-アクセサリ-より、こんな事を
車メ-カ-各社は考えて欲しい!


◎最後に、、、
昔、私が免許証を取得したころ流行った標語、、、
“飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!” 、、、とね?(^_^)?

◎関連資料
自動運転車 (Wikipedia)

◎過去の関連ブログ記事
危険運転とは
年寄りの車運転

2016年9月20日 (火)

忘れていた敬老の日

そう云えば昨9月19日は敬老の日だった、、、!
                、、、自分が若いからスッカリ忘れていた!^_^)

報道によれば、直近の総務省データーで65歳以上の高齢者が3,461万人
と、日本の人口のおよそ27.3%を占め過去最も多くなったとか!

また男女別では、男性が1,499万人、(私もその中の一人!^_^)
女性が1,962万人で、女性が全体に占める高齢者の割合が遂に3割を
超えたらしい。

そして厚労省によると、100歳以上の高齢者も 65,692人と、46年連続で
過去最多を更新。これまで100歳を迎えた人には国から表彰状と銀杯が
贈られていたが、予算の増加を抑えるため「純銀」だった材料が今年から
「銀メッキ」に変わった、って!

今年度に100歳を迎える人は31,747人、らしいので、、、
調べてみたら現在の銀杯の価格は桐箱などを含めて約7,600円程とか、、
だから、、、7,600円 X 31,747人≒2億4千万円強、となるけど、、、!?
これが高いのか? 安いのか?、、は別として、、考えてみたら、、、?

Ginpaiちょっとセコイ話のような気もするな~!?
東京五輪には2兆円近くとか?
リニアに約3兆円とか?、
今 話題の豊洲市場には数百~数千億円
以上とか、、、?

その他、各方面に膨大な予算が付けられる昨今、高齢者のささやかな
祝いの品にはケチを付けるのかッ!

無駄を省こう! の掛け声は聞こえは良いが、銀盃もムダだから、、、
メッキで我慢してチョーダイ って! つまり言い換えれば、、、
100歳以上も生きる人間はムダ!、と結局云いたいのかもな~?^_^) 

因みに昨2015年度の日本人の平均寿命は女性87.05歳、男性80.79歳、、
ならば私ャ~その平均年齢まで生きたら (あと残り7年)、、、
                          、、、それで良しとしよう!^_^)
さすれば国家に迷惑も掛けないだろうし!


それはともかく、、、
◎以下、以前の拙ブログのリメイク版ですが、、、
「敬老の日」は昭和23年に出来た法律で、「多年にわたり社会に尽くして
きた“老人”を敬愛し、長寿を祝うことを趣旨としている」 、、、とか。
輸入ものの「母の日」などと違って日本独自の祝日

ならば“老人”とは何歳から云うのか? これまた改めて調べてみたら、
人口動態調査上の統計数字で、、、
(1)15歳未満が幼年人口
(2)15~64歳が生産年齢人口
(3) 65歳以上が老年人口、と分類されているので、、、
               、、、「老人」とは65歳以上の人、を云う事になる。

要するに65歳以上になったら嫌でも 爺ィー、婆ァー、と、
             “公 (おおやけ)” に呼ばれる、って事なのッ!^_^)

つまり65歳以上を老人、いわゆる“高齢者”と定義付けられていて、
さらに 65~74歳は「前期高齢者」、75歳以上は「後期高齢者」と呼ばれる。
(私もいよいよ来年3月25日から目出度く「後期高齢者」に仲間入り!^_^)



◎ここで諸外国での高齢者の特典について、、、
私の海外経験では、香港はじめ他の国でも、65歳以上はバスや地下鉄
などの公共交通機関が無料になる国が比較的多かった。
しかし、日本ではそんな恩恵はまったくナシ!
やはり日本はそんな点が諸外国よりも後れているのは事実!

バスや電車がタダになるなら年金生活者は大いに助かるんだが! 
ただ映画館や各種イベント会場などで、場合によっては65歳以上は
ホンノ少し、気持ちだけの割引有り!、とその程度でお茶を濁され!^_^)

◎ただ、そんなスズメの涙的恩恵よりも私が気になる事は、、、?

Yusenseki日本では電車やバスで、、、
わざわざ設けられている優先席、
しかし、シルバー・シートに若造が
ふんぞり返って横柄な座り方をして
いたり、ミニスカの女子高生が坐って
化粧していたり、、、
「席を譲り合いましょう!」の表示も
車内のアナウンスもどこ吹く風!

「おもてなしの国」であるハズの
日本だが、電車やバス内を見る限り、
譲り合いがほとんど見られない!




しかし、私が経験した外国の中でも、特にブラジル・サンパウロの地下鉄、
バスなどではシルバー・シートも無いし、優先席を表す標示など一切なし。
しかし一見、不良っぽい若者でも気軽に「おっさん、ここに座ったら!」、と
いとも簡単に、そして気楽に席を譲ってくれる、、、。

こちらは そんな年寄りに見られたか?と半分悔しさを滲ませながら も、
その親切心には感心したものだった。 特にあちらでは、、、
相手を「老人」と見るより、自分より年上の人、あるいはハンディが
ある人、と思ったら 自然に親切に接する文化、そんなお国柄 なのだ。

また日本では、お年寄りを大切に親切に、と云う割には駅や空港、街中
など人が集まる場所でのバリア・フリーも日本は外国より後れている。
その点、ブラジルに限らず、意外と後進国イヤ開発途上国の方が、
進んでいる場合が多い。


◎何事も“人”としてごく自然で当然の事である筈の行為が、
日本では、わざわざ決めたり、設けたりしないといけないのか?

 

他の国にはない 日本独自の“敬老の日”わざわざ設けたり
乗り物にわざわざシルバー・シートを設けたり、、、
「お年寄りには親切に!」と、わざわざ標語を掲げたり、、とにかく、
わざわざ決めないとダメ らしい。
     、、、しかし、例え決めていても誰も守らない、尊重しない!?

◎それはつまり、、、
国旗を掲げよう、国歌を唄おう、と わざわざ 愛国心を鼓舞する事と同じ。
しかし、それにさえグズグズ文句を云う左巻き教師や、左翼クズレ連中!
6d121c2f
そして奇しくも昨年の同9月19日に国会で成立
した新安保関連法案が、“戦争法案”ではなく、
“戦争抑止法案”
、と云う事すら理解できない?
否、理解しようとせず、とにかく憲法九条さへ
あれば日本は未来永劫平和が続く、とただ単純に信じ込んでいる!

とにかく変化を好まず現状維持に固執する ノーテンキ・ジャパニーズ達!
いつまでも我が世の春、飽食太平の世 を満喫し、平和ボケぬるま湯
に浸っていたい ノーテンキ・ジャパニーズ達!

◎おっと! このように話が逸れるのが“老人”ゆえの悪癖だろう!^_^)
              、、、歳はとりたくないね~!、、、話を戻して!

いつの間にか、そんな年齢になった自分は、べつに人から敬って貰うほど
立派な生き方をしてきた訳ではないが、
世の中の少子高齢化がさらに
進んで今より「老人」の人口比率が上がって、そこらじゅう年寄りだらけに
なったら「敬老の日」も有りがた味が無くなるのでは?
特に若い人とっては、、、
     、、、「毎日老人の日じゃん!」、と納得がいかなくなるのでは?

◎過去の関連ブログ記事
「オイ、いつまで生きてるつもりだよ!」
わざわざの“敬老の日” 
長生きは幸せ?
車内での携帯電話
年寄りの車運転
老人とは? 

2016年9月17日 (土)

ヨーロッパ・ジャズは面白くない?

先14日(水)夜、『Amsterdam Jazz Connection』 を聴きに行った。
         、、、場所はいつものジャズ・ライブハウス“Mr.Kenny's”

久しぶりのヨーロッパ・ジャズ、そしてギターのジェシ・ヴァン・ルーラーは
2度目の名古屋公演だった。

14292503_1106279156121808_920789701
出演:『Amsterdam Jazz Connection』
              with Francien van Tuinen & Jesse van Ruller

*Francien van Tuinen (vo) フランシーン・ヴァン・トゥイネン、
*Jesse van Ruller (g) ジェシ・ヴァン・ルーラー、
*Joost Swart (p) ヨースト・スワート、
*Jeroen Vierdag (b) ヨローン・ヴァーダグ、
*Sebastiaan Kaptein (ds) セバスティアン・カプタイン、
                                   (オランダ人の名前の綴りと発音が難しい!^_^)

Csvjr__uaaan4x9_4
◎前宣伝では、、、
オランダ・ジャズ・シーンの最前線!実力派トリオが ギターの俊英と、
注目の女性ヴォーカリストを迎えたスペシャルライブ!

オランダ・ジャズ界を代表する精鋭たちが東京に集う。
ヨーロッパ全土で話題の歌姫フランシーン・ヴァン・トゥイネン、日本でも
不動の人気を誇るギター奏者ジェシ・ヴァン・ルーラー、2010年に結成
されたピアノ・トリオ“アムステルダム・ジャズ・コネクション”
(セバスティアン・カプテイン、ヨースト・スワート、ヨローン・ヴァーダグ)に
よるスペシャル・ステージ     、、、などと宣伝されてたけど、、、!?


◎結論から先に書くと、、、あまり楽しくなかった!^_^)

今回の演奏は、全曲フランシーン・ヴァン・トゥイネンのボーカルが入って、
これの唄伴として、ジェシ・ヴァン・ルーラーのギターが巧みなテクニックで
絡み、それを堅実なピアノ・トリオが支える、、ってそんなスタイルだった。

全曲全てに渡って、正に理路整然としてキッチリとした唄と演奏!
まるで卒がなく、これがヨーロッパ・ジャズだ! と云わんばかり!^_^)
各プレーヤーが一流プロで、巧いのは充分に解る、、、が?
                 しかし、、、何だろう? 何かが物足らない?

私が好きなメディアム・4ビートの曲が演奏された時でも、いつものライブと
同じく私は足でリズムを取ってるものの、、、
        、、、何となくのらない? 何故? 何が違うの? ワカラン?
とにかく、曲には関係なく何故か音楽にのり切れないのだ!



◎凡そヨーロッパのジャズ・メン達は、、、
昔からテクニック的には上手、そしてその演奏は知的と云っても過言では
ないだろう。しかし私にはあまり面白くないのだ! リズムが乗らないのだ!
                    、、、これが私の耳に聞こえる正直な感想!

また、言い換えればジャズらしいスリルも感じないし、あまりにも上品で
洗練されていて、ジャズらしいドロ臭さも殆ど感じないのだ。
また別の云い方をすれば、、、
極端に云えばマイナーの曲を演奏してもメジャーな曲にしか聴こえない?

文字どおり欧米人たる彼らにはジャズのドロ臭さがなく、東洋人たる
日本人のジャズの方が私の耳にはジャズらしく聴こえる!、何故だろう?

しかし、ヨーロッパのジャズ界には、昔からケニー・ドリュー、デクスター・
ゴードン、マル・ウォルドロンなどなど、米国からヨーロッパに移住した
人気プレイヤーも沢山いたが、これとは別に純粋なヨーロッパ人でも、
ジャズ界で名を挙げたミュージシャン達も、特にフランス、パリや、北欧
スウェーデン、デンマークのコペンハーゲンなどには多かったと思う。

彼らは上記した様に本場アメリカや日本人のジャズとは違っていたが、、、
それなりに楽しさも充分感じてはいた。
しかし今回のオランダ人グループに対する私の感想は、、、
記事のタイトルを 「ヨーロッパ・ジャズは面白くない?」、ではなく、、、
厳密には、、、
「オランダ人のジャズは面白くない!」 とした方が正解だったかも?^_^)



◎昨年、初めて聴いたギターのJesse Van Rullerの事や、
ヨーロッパ・ジャスの事を書いた過去の参考記事もお読み下さい。
『Jesse Van Ruller Trio』


◎そして、いつもの関連拙ブログも!
本文記事左側INDEX欄 ※“趣味の音楽関連シリーズ” もご覧ください!
(1)その中の
“音を楽しむ徒然語り” その17(最終回) のシリーズ、他。
(2)またHPの
“Modern Jazz LP Collection” (Part 1, 2) も併せご覧下さい。

2016年9月13日 (火)

9.11 追悼式典を見て!

先11日は、あの世界を驚愕させた 9.11から15年目だった!
NYのグラウンド・ゼロでは恒例の犠牲者を偲ぶ追悼式典が行われていた。
こちらからも改めて、、、
『全ての犠牲者の方々に哀悼の意を表します!』

この「アメリカ同時多発テロ事件」 イスラム過激派によるテロだった!
と世界に向かって公式発表され、我々も簡単に何も躊躇せずに「テロ」
信じてきたが、、、?

私がフト思うに(誤解を恐れずに書けば、、、!)
9.11もある意味、必然的な"事件"だったのでは、、、と?
何故ならば、、、
そもそもアメリカは、9.11事件が起こるまではイスラム諸国と直接戦争
している、とは意識してなかったのではないか?
と思う時がある。



◎つまり中東の長い歴史 から見ると、、いわゆるパレスチナ問題!
パレスチナの土地を巡るイスラエル人(ユダヤ人)とパレスチナ人
(アラブ人)との紛争。そしてイスラム教徒とユダヤ教徒の宗教的な対立。

国連裁定のイスラエル建国を経てパレスチナの分断の後、、、
          、、、アラブ対ユダヤの対立構造 が出来上がってしまう。
そして、ユダヤ即ちイスラエルを米国が経済支援、、、となると、、、?
アラブ諸国から見たらアメリカは敵国にしか見えない!

イスラム教徒であるパレスチナ人は、イスラエルに対してテロ攻撃する
だけでなく、支援を行っているアメリカにもテロ攻撃を仕掛けたのが、
つまり9.11事件となったのでは?
イスラム過激派は、突然アメリカ本土、それも世界経済の中心とも云える
N.Yのど真ん中に建つWTCを攻撃したのだ!


◎そこでアメリカは初めて気が付いた!
あの日ブッシュがWTCのガレキの上で、「これは戦争だ! アメリカは
必ず復讐する!」
と、まるで西部劇の保安官気取りで叫び、、、
取り巻いていた消防士など市民たちが、「USA、USA、USA、、、!」
連呼していた、、、如何にもアメリカらしい!?

911bush
そしてアメリカは、NY市民、米国民に約束したとおり、その後アフガン、
イラク、と泥沼戦争にのめり込んでいったのだ、、、! 、まるで、、、
保安官が悪人やインディアンを退治する為に、何処までも追っ掛けて行く
ように、、、!



◎追悼式の模様を見ていると、たしかに犠牲者に対して黙祷を捧げたく
なる気分になる。でも、ちょっと待てよ? 以前も書いた私流の考えは、、?

確かにコチラのサイド、いわゆる西側からだけでこの事件を見ると、、、
“普通の一般人”をある日突然襲った事件、、とてつもなく悲しく不幸な
出来事だったが、事件を起こしたアチラ側からの見方は果たしてどうか?

ある意味 『西洋文明のキリスト教支配に対するイスラム教徒の反抗!』
、そんな歴史の必然 の様な出来事では?、、と思えない事もない。

つまり彼等イスラム圏の人達にしてみれば、アメリカを筆頭に西洋列強国
から長年虐げられ、苦しめられてきた歴史上の長~い戦いの途中であり、
9.11もその延長線上の“係争中 (戦争中)の一つの攻撃”と云う意識では
なかったのか? 
(もちろん、イスラム教徒の大半は 9.11を批判しているだろうが、、、!)



◎もしそうだとすると、、、?
攻撃を受けた側が“普通の人”だった、これ即ち“非戦闘員”となり、、、
ここで改めて考えたのは、だいたい"戦争"においてよく云われる、
"戦闘員"と"非戦闘員"と云う区別。 これはあまり意味が無いのでは?
(戦争に参加する全ての人間を広義に解釈すると、の意味合いで。) 

ただ単純に「非戦闘員に対する攻撃は非人道的」、とか云う考え方は
ナンセンスであり国と国との戦いでは即ち国民対国民の戦いであって、
その中の各人の戦争従事への役割が直接的か間接的かの違いだけで
ある。

いわゆる"非戦闘員"が犠牲になると"悲劇"として取り上げられ、逆に
"戦闘員"が犠牲になっても戦争だからやむを得ないと暗黙の了解みたい
な考え方が支配しいることが、そもそもおかしいのではないだろうか?

それでは9.11はどうだったか? これは攻撃された側が前記したように
"戦時"あるい"戦争をしている"と云う意識が無かった所に問題がある。
従って攻撃されて初めて「これは戦争だッ!」、と改めて立ち上がった。

しかし攻撃した方は明らかに"何十年、何百年も前から戦争中"と云う
意識の下に、あの急襲をしかけたのではないだろうか?
現代の戦争開始の合図は、いわゆる"宣戦布告"で始まるとは限らない。

イジメられ虐げられた方は絶えずその報復の心を燃やし続け、、、
"折あらば"、と、狙っている事は古今東西大昔から変っていない。
さらに"戦争"の定義が冷戦が終結した後は国対国とは限らず思想、
宗教対立などを含め世界の"恵まれた側"と"恵まれない側"の対立など
多様化しているのも周知の事実。



◎もちろん、9.11で犠牲となった人には心から哀悼の意を捧げる。
しかし、主にアメリカ人、そして他の西側諸国の人も良~く考えたら良い。
過去自分達がどれほど世界中で俗に云う、"非戦闘員"とか"戦時"を
意識してない人々に対して災いをもたらしてきたか!
 
子供たち、女性たち、老人たち、そんな弱者が無慈悲に殺されてきたか!

テレビで9.11の犠牲者の遺族のインタビュ-を観ていて、、、
『貴方達には確かに気の毒だったが、少なくともこうして世界の人々の
  同情を受けている。
  しかし貴方の国が一方的に攻撃したベトナム、  アフガン、イラク、
  その他の場所で沢山の犠牲になった"普通の人達"は  殆どニュ-ス
 にもならず忘れ去られている!』
、と声を大にして云いたい。

そう考えると“テロリズム”とは一体何をもって云うのか? 
イスラム圏から見たらアメリカこそが“テロリスト”、、、! だから、、、



◎最後に、、、
決して 9.11 を肯定する訳ではないが、上記の様に考えようによっては、
ある種“必然的な"事件"だった様な気もする!



◎過去の関連記事
我々はテロ慣れしていないか?(2016年7月5日(火)
パリのテロ事件で思うこと! (2015年11月18日(水)
懐かしの映画(25) 『アラビアのロレンス』 (2013年10月7日(月)
(この映画は私の中東の歴史解説参考書です!^_^)

“水と安全”はタダじゃない!2013年2月 2日 (土)
(追)♪ここは地の果て アルジェリア♪(2013年1月23日(水)
♪ここは地の果て アルジェリア♪(2013年1月22日(火)
3.11 と 9.11(2011年9月11日(日)

2016年9月10日 (土)

停電の後が面倒だった!

先8日午後、我家一帯は停電した、、、
考えてみたらこちらに住み始めて約9年! たしか初めての停電だった。
時間にして20分間ぐらいだったかな~? 
     、、、多分この時の台風接近と、何処かの落雷の所為だろう!?

後で調べてみたら、、、
安城、刈谷、岡崎、碧南、西尾など各市、と西三河方面の広範囲だった。
Teiden
停電なんて、、、
考えてみると子供の頃は頻繁だったけど、
もうずいぶん長い間経験してなかったので
驚いた! それは、、、





ちょうどいつも利用しているショッピング・センターでの買い物中だった。
そのショッピング・センターは、毎月"8"が付く日に5%割引セールをする
ので、この日を連れ合いは必ず買い物の日として決めていて、日々の
食料品を中心にまとめ買いする。 こっちたら~その運び屋!^_^)

この日、我々夫婦はちょうど買い物が終わってレジでの清算も済んだ後、
品物をキャリー・バックに詰めてる最中だった。
         、、、突然、バーン!と音がして広い店内が一瞬真っ暗!
(とは云っても常夜灯?は点灯してた様なので真っ暗闇ではなかったが?)

オッ! と瞬間ビックリしたが、と同時に懐かしくもあり、何となくウキウキ
した気分にもなった!^_^)
 たまには不便も良いかも? とか!

直ぐに男女係員が総出で懐中電灯を片手に、大声でお客に注意喚起して
周る! 店内のお客を誘導、案内しながら丁寧に声をかけて周っている。
ウ~ン、良く訓練されてるな~、と感心!

しかし、一見、お客の為の親切な対応に見えるが、見方によっては、、?
この停電中のドサクサ紛れの万引き を監視する目的も兼ねてか?^_^)
                     、、、穿った見方だとしても当然だろう!

その後、電気は復旧! が、帰宅してから面倒な作業が待っていた!
家の中のあらゆる電気時計が止まったり、狂ったりしている、これは当然!

もし在宅中に停電した時は、復帰した時に家庭内の家電製品が一斉に
運転スタートするので、ブレーカーを落としておかないと本当は危険!
または、各家電機器のコンセントを抜いておくのが良いが、、、

先8日の場合は、ショッピング・センターで買い物が終わって間もなく、
帰宅する前に電気が復帰したので、帰宅してからチョット大変だった。

先ず、我が家ではテレビと連動させているHDレコーダーの内臓時計が、
自動的にテレビの時刻と同期がとれる為に、家中の他の時計の標準器
となる。(ほとんど何処の家庭でもそうだと思うけど?)

後は 炊飯器(タイマー使用時の時計付)、CDラジカセ(連れ合い専用)、
オーディオ機器類、パン焼き器(タイマー使用)、電話器(親機、子機)、
エアコン(タイマー使用)、風呂ガス給湯器(タイマー使用)、その他、、、
これらの機器の内蔵時計を全て設定し直し! その面倒くさいこと!汗)

最近のデジタル家電の中には、たかが内蔵時計の設定でも、その操作が
ややこしい物も多く、昔の自分だったら電気ヤだったので、お手の物だった
のに最近は歳のせいか? やたら面倒くさくて イライラしてしまった!^_^)

一番やっかいだったのは、、、?
Omulan
ひかり電話器も、電話線に独自に電力を供給して
いるので停電時は使えないし、パソコン用の
宅内ルータ、それと無線LANルータも停電の為に
ストップ。
その為に一旦リセットしたりして、Wi-Fi復帰と
パソコンがネットに繋がるための一部再設定、
その後自動復帰するまで、しばらく待たされて
しまった。




まぁ~たまに停電すると不便を感じるが、これもあまりにも便利さに
慣れてしまった為だろう! 人間は少々不便な方が良いのかも?
、、、てな事を考えた一日でした。

また、前記したように停電は本当に久しぶりだったが、これは日本の
電力供給、特に発送電一体システムがその安定している理由かも
知れない。
これがもし将来、発送電分離システム になったら、今までの様な
国内全てに安定した電力供給が維持できるのか、ちょっと疑問かも!?


◎過去の関連ブログ記事
NTTにクレームしたら?
ネット環境が変ったけど!
NTTはえげつない!
光インターネットと光電話
日本でのインタ-ネット~その3~

2016年9月 8日 (木)

本田の空振り!?

先6日夜のW杯アジア最終予選 日本 対 タイ 戦 をTV観戦した。
日本が1-0のリードで迎えた前半20分過ぎ、左サイドのスペースに飛び
出したFW浅野からの絶好のクロスにFW本田圭佑が飛び込んだ、、!

相手ディフェンスを巧くかわしたので本田のシュートが決まる!、、と
誰もが信じたその瞬間、何とッ本田の左足シュートは見事な空振り!
                              Hondakeisuke_2*********************(見事にズッコケた本田!)******************

◎オマエは本田圭佑に恨みでもあるのか?、、、

、 と云われそうだけど、、、
今日は以前も書いたサッカー日本代表、FW本田圭佑の悪口です!^_^)

はじめに断わっておくけど、、、
私は特に本田圭佑と云う選手に恨みつらみが有る訳ではない!
                 、、、がハッキリ云って本田は大嫌いだ!

それは?、、、メディアは本田の事をビッグ・マウス、等と云いながらも、
何かと好意的に報じている。そして、、、
何故か本田の事ばかり大々的に報道し、いつもテレビ画面に大露出!

まぁ~日本のテレビ局は、何故かいつも一部のアスリートだけを、
 、その成績に関係なく大きく取り上げる偏ったクセがあるが、、、?


こと本田圭佑に関しては、先ず私ャ~、あの男の大口叩きが大嫌い!
他の選手や関係者をバカにした様な、物の言い方、あの態度は何だッ!
今所属している伊ACミランでも相変わらず偉そうに大口を叩いている。
一体全体、自分を何様と思ってんだろう?

もちろん、これは私の個人的意見だが、世間が騒ぐほど本田を買っては
いないし、もともとそれほど良い選手とは思っていない。
彼はそれだけの実績を残してる訳でもないのに? メディアは何故そんな
彼を持ち上げるのか不思議? 他に本田よりも優れた選手が居るのにだ!

、、、と、私が独りそう思っていても、しかしそれは私の思いであって、
                   、、、世間ではそう思ってないらしい?

大口叩きで他の選手をバカにしている彼の性格はともかく、、、
肝心の試合中での彼の動きを見ていても、何故本田がこれほど
評価されるのか? 私にはとても理解できない?
   、、、【注】誰かサッカーに詳しい人に教えて貰いたい! マジで!
本田の何が良くて、何処が他の選手より優れているのか?
 
◎以下、素人の私が思うに、先ず、、、
(1) 本田は走らない、、、
他の選手は全力疾走しているのがテレビを通じても伝わって来るが、、、
何故か本田の走りだけはその様に見えない? いい加減、適当に走って
いる様にしか見えない。

  、、、むろん、むやみに走って体力を浪費する必要はないが、、、、!

とにかく、自分のポジションであるトップ下での動きがあまりにもお粗末!
ひょっとして、、、自分は走らなくても良い、とでも思ってるのか?
私には単にスタミナがないから走れない様にしか見えない、思えない!

(2) ボールをキープできない、、、
味方からのパスボールをレシーブ後、当然相手ディフェンスから囲まれる
が、本田の場合は必ずと云って良いほど、わずか二、三ステップで
                    、、、ボールを直ぐ敵に奪われてしまう。

(3) ドリブルが下手クソ、、、
上記のキープ下手とも関連するが、たまにボールをキープしつつ、ドリブル
を試みるが、これが素人目にもまるで下手!
               、、、何年サッカーやってんの? と云いたくなる。

(4) シュートが殆ど決まらない、、、

たまにシュートを試みるが99%決まらない! その殆どがネットの遥か上に
蹴り上げてしまう。  オイ!ラグビーと勘違いすんじゃねぇ~よッ!

ごく稀にPK(ペナルティ・キック)が決まったら、まるで天下を取った様な
ドヤ顔! 
メディア、TVの解説者もここぞとばかり本田を褒め上げる、、、
あれが私には聴いてて耳障り! PKを決めるのは半ば当然なのに!
       、、、真にズッコケ本田にズッコケ解説者、、、


◎本田の悪口はこのぐらいにして、、、!^_^)

そう云えば解説者と云えば、、、
専門的、技術的な解説よりも、単に日本選手の良い所だけ を褒めること
しかしない解説者、ちょっと名前が知られているだけで、まるで素人の
感想と同じ程度の事しか云わない最近の解説者!

そんな人を解説者として呼ぶテレビ局の気が知れないッ!
結局、テレビ局は日本代表に対して厳しい事を云う人より、どうでも良い
事しか云わない人しか解説者として使わないんだろう!


◎そして先6日夜の試合は、、、

2-0で日本が勝つには勝ったが、その内容はあまり褒められた内容では
なかった。相変わらず決定力はないし、ミスも多かったし、、、
しかしボール占有率は日本が63%以上、と圧倒的有利に試合を展開!
またシュート数も日本が23本で、タイは僅か3本!、、、
      、、、しかし日本の23本シュートの内、決まったのはたった2本!

まぁ~シュートの決定力不足は、なにも本田に限らず、日本代表全体に
云える事だけど、本田の場合は普段からあの偉そうな大口を叩くし、、、
先夜の自分のシュートを空振りした後も「何んでかな?」 とトボケ顔!
「テメーが下手クソだからだよ!」と思わずテレビに毒づいてしまった!
(また本田の悪口になってしまった!^_^)

私の捻くれ根性かも知れないが、、、本当に腹が立つわ!

 

◎最後に、、、
私は特にサッカーファン、って訳でもない、、否のみならずスポーツ全般が
あまり好きではない。まぁ~五輪など大きなイベントをTV観戦するぐらい。
しかし、かなり昔にHPで書いた「日本のサッカー界」、、、

これを書いた頃に比べたら日本のサッカーレベルも上がった、とは思うが、
それでも、まだまだ世界と比較して二流と私は思っている。
それを日本のメディアが、その実力以上に褒め称える から国民全てが
その気になっている。何もケチつける気はないけど!

サッカーに限らず何のスポーツでも、真に日本選手に強くなって欲し
かったら、敗因を厳しく追及分析、その欠点や弱点をハッキリ指摘して、
忌憚のない評論なり解説なり、またサポートをすべきと思うが!?

以前、あの釜本さん がJリーグ選手の事をチョット批判しただけで、
マスゴミから総スカンを喰らって、後日しなくても良かった謝罪にまで
至ったアホみたいな話!
         、、、強くなって欲しいから悪いところを指摘してるのに!

とにかく、サッカーに限らず、今の日本では何のスポーツでも甘やかし
一辺倒で、批判的な意見は絶対タブー!

先ごろ終わった五輪、何の競技でも世界に負けた選手に対して、、、
「感動をありがとう!」、等と呑気に平和な事を云ってる内は、日本選手は
本当に世界のトップ・アスリートにはなれないだろう!


◎2016/9/10追記
この9月8日のブログを書いた後、上記
【注】印の私の疑問に対する答え
を以下のサイトで見つけました。
*マスコミは、なぜ本田の批判をできないのか
*なぜメディアは本田も協会も甘やかすのか
*セルジオ越後が、日本サッカーをなで斬り!
*セルジオ越後のその他の記事
セルジオ越後氏の事は、過去に最下段の関連ブログ記事にある
"ブラジル人とサッカー,その5"、同"最終回"、、、でも書いています。



◎関連ブログ記事
(スポーツ嫌いと云いながら、サッカーの事はいろいろ書いている!^_^)
スポーツ馬鹿、運動馬鹿 
日本のサッカ-界
スポーツ嫌いのサッカー評
これでいいのだ!
日本人の“へりくだり”
本田のどこが良いの?
一億総甘え社会
拝啓:スポーツ指導者の皆様へ!

“Mineirão” の惨劇!
ブラジル人とサッカー、最終回
ブラジル人とサッカー、その5
ブラジル人とサッカー、その4
ブラジル人とサッカー、その3
ブラジル人とサッカー、その2
ブラジル人とサッカー、その1

2016年9月 3日 (土)

“ブルース”はアメリカ黒人の演歌?

今日は久しぶりにジャズの話を、、、! と、云うのは、、、?

Sim_2←先日たまたまネットで見かけたこの画像!
これはずいぶん昔?  たしか20歳前頃か?
街のレコード店で偶然見つけて衝動買いした
LPレコードで、大変懐かしいジャケットだった。
既に手放してしまったが、、、
レイ・チャールス の“What'd I Say” 、、、




あの頃、ロックン・ロ-ルやR & B (リズム&ブルース)も好きだったので、
当時はこのタイトル曲を夢中になって聴いていたが、直ぐに飽きて
しまった事を今でも憶えている。
そして、それっきり、、私の中でレイ・チャールスは単なる R & B の歌手、
、としての印象しか残っていなかった。



そして、綾小路きみまろ じゃ~ないけど、、、あぁ~あれから40年!^_^) 
否、もうかれこれ50年以上か? 近年になって購入した下記のディスク!
「Soul Brothers / Milt Jackson & Ray Charles」 (Atlantic 1279)

136_2 このディスクのライナー・ノーツを読んでみたら、?
レイ・チャールスは15歳で、フロリダでデビューした
頃は地元のバンドでジャズ・ピアノを演奏していた。

そしてポップスで成功後、ミルト・ジャクソンその他
のジャズメン達と共演しており、29歳の時に
“ニューポート・ジャズ・フェスティバル”にも出演
していた、、、(略)

I320_2ここに突然出てきたミルト・ジャクソン の名前、、、
その人は云わずと知れたMJQ (Modern Jazz Quartet) の
ヴィブラフォン奏者。
ヴィブラフォン、略してヴァイブ(Vib) と云えば、私がMJQ
を知る前に知ってた奏者では、スゥイング時代の
ライオネル・ハンプトン ぐらいかな?




◎ヴァイヴ奏者は世に数々いれど、、、
現代のジャズ・ヴァイヴ奏者と云えば、ダントツの実力者はやっぱり
ミルト・ジャクソンだろう。
何と云っても、ブルージーなプレイが身上のミルト・ジャクソン
残念ながら既に故人だけど、、、!
ブルージーとは?ブルースっぽい感覚! だから、、、

“ブルース”はアメリカ黒人の演歌?、、とも云えそう!?
            、、、とにかく聴いてて涙が出そう!  チト大げさ?^_^)
41s6ktsyatl__sl500_aa300_そう云えば私が初めて聴いたジャズのブルースと云えば?
確か就職して初めてジャズのレコードを買ったのが25㎝盤
LPの 『セントルイス・ブル-ス』 だった。これは“サッチモ”
ことルイ・ア-ムストロングとビリー・ホリディの名盤だった!




◎因みに、“ブルース”と云えば、、、?
ムード演歌“宗右衛門町ブルース” も嫌いじゃ~ないけど、、、?^_^)
        、、、ここでは本場アメリカの本物のブルース のことを云う!
フレーズの流れで云えば、普通の歌曲が8小節X4=32小節(A・A'・B・A)、
(Bがサビ部になる)。
これに対してしてブルースの基本的な構成は12小節X2=24小節の歌詞
が多い。
12小節形式の中身の基本はA・A・Bの形式。つまり4小節の同じ歌詞、
フレーズを二度繰り返し、最後の4小節で締めの歌詞を歌う、、、
                         、、、これでワン・コーラスとなる。

◎ここで話を、、、
「Soul Brothers / Milt Jackson & Ray Charles」 に戻して、、、
このアルバムは1957年録音らしいから、ミルトとしては、ちょうどMJQ
全盛時代とも重なる。
方や レイ・チャールス も“I Got a Woman”や、先の“What'd I Say”等の
R & Bの大ヒットでノリに乗っていた時代!
136b
かように、Milt Jackson & Ray Charles と云う
奇しくもブルージーな音楽を身上とする二人の
共演。
そしてこのディスクの中身の演奏が面白い!
一部の曲はここ でも聴ける!



レイ・チャールスがスゥイングやビバップの伝統を引き継ぐ正統ジャズの
ピアノを弾いたり、また何とアルト・サックスまで吹いているではないかッ!
さらに、曲によってはミルト・ジャクソンもピアノを弾いたりもしている。
かってディジー・ガレスピーのバンドでピアノ演奏のアルバムも残している
らしいが、それはこのディスクを聴くまで知らなかった。

とにかくこの「Soul Brothers / Milt Jackson & Ray Charles」は、、、 
ミルト・ジャクソンとレイ・チャールス、、この超一級のジャズ・ピアニスト、
あるいはアルト・サクソフォニストとしてのレイ・チャールズと、超一級の
ヴァイブは勿論ながら、ピアニストとしてのミルト・ジャクソンの魅力も
充分堪能できるディスク。しかもブルース・ナンバーだけで構成された
アトランティック・レーベルの名盤だろう!

ジャズ・ミュージシャンの中には、各自の専門の楽器以外の楽器でも、
優れたテクを魅せる器用な人も多いが、このディスクでもミルト・ジャクソン
がピアノを弾いたり、レイ・チャールスがアルト・サックスを吹いたりして、
それが決して余技余興ではなく、本格的な演奏だった事に驚いた!
やっぱり天才は違うな~?^_^)



◎改めて大好きなミルト・ジャクソンの事など、、 、
ミルト・ジャクソンはMJQでの演奏 より、他のグループでの演奏の方が、
よりファンキーでブルージー! 等と云う人が多いが私もその様に感じる
時がある。しかし、、、
この人は、競演するピアニストによって、あるいは他のメンバー構成により
ヴァイヴ演奏の雰囲気が変わる様な気もする。

そこで、、、
Top63←MJQ以外のミルト・ジャクソンで、私の一番の
愛聴盤が、『OPUS DE FUNK』
SAVOY SOPU 28-SY, 1955/10/28  録音

フランク・ウェス(ft),ミルト・ジャクソン(v),ハンク・
ジョ-ンズ(p),エディ・ジョ-ンズ(b),ケニ-・クラ-ク
(dms),カウント・ベイシ-楽団出身でジャズ・フル-ト
の実質的なパイオニア、フランク・ウェスとMJQの

ミルト・ジャクソンとケニ-・クラ-ク、彼らが揃えば楽しいスゥイングに
満ちたジャズになるのは当然! 
特にA面1曲目の“OPUS  DE FUNK”はファンキ-ブル-スで痺れる!
その他全4曲中、3曲をブル-スで決めている。
録音はモノラルだがゼンゼン関係なし、下手なステレオ盤より高音質。

その他、MJQ以外でのミルト・ジャクソンの手持ちディスクは、、、!

 



思うに、ミルト・ジャクソンは、、、
MJQ では、やはり何と云ってもそのリーダー御大でピアノのジョン・ルイス
のクラシック音楽的な素養に併せる必要が有るのかも知れない。
しかし曲によってはそうでもなく、存分にブルージーでファンキーな雰囲気
の演奏を聴かせる事も多い。

また、モダン・ジャズではないが、、、
純粋な“ブルース”と云えば、手持ちのディスクではこんなディスクも、、!

◎最後に、、、
以下のミルト・ジャクソンのライブYou Tube もお聴きあれ!
『BAGS' GROOVE』
『LAMENT』

◎そして関連拙ブログ、
本文記事左側INDEX欄 ※“趣味の音楽関連シリーズ” もご覧ください!
(1)その中の
“音を楽しむ徒然語り” その17(最終回) のシリーズ、他。
(2)またHPの
“Modern Jazz LP Collection” (Part 1, 2) も併せご覧下さい。

2016年8月27日 (土)

救いようのない悪ガキ!

またもや埼玉県東松山市で ガキが起こした殺人事件
                、、、今回は16歳が同じ16歳を殺してしまった!

Warugakisatsujin
一体全体、今の日本はどうなってるんだろう?
たしかに昔もこんな事件は有ったが、今の様に多くはなかったと思うが?

忘れもしない、、、!
1997年神戸の「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る14歳少年による猟奇事件以来、
まだ記憶に新しい今回と似たような 昨年の川崎 での事件!
何故、少年少女など未成年者による殺傷事件、が続発するのか、、、?
       、、、日本は何故こうまで馬鹿でアホなガキ共が増えたのか? 

些細な事でいとも簡単に仲間や友達を殺してしまう! 完全に狂っている!
相手を気に入らないんだったら、せいぜい ぶん殴るなど打撲傷程度で
済ませられないんか? 何故 相手が死ぬまでやる必要があるんだ?
彼らの頭には手加減とか限度とか、そんな自己抑制機能はないのか?



◎こんなガキ共は、きっと幼児の頃から、、、
カマキリの足を引きちぎっても、トンボの羽根を引き裂いても平気、、!
金魚鉢から金魚を外に出して、金魚がもがき苦しんでいても平気、、!
犬や猫を追い掛け回してケガをさせても平気、、、!
場合によっては残酷な方法で半殺しにしても平気、、、!
、、 この様に徐々にエスカレート! そしてある日、遂に人を殺してしまう!
                         、、、まるで虫けらを殺すように!

それも、これも、、、結局はそんなガキに育てた親の責任だ!
誰が何と云おうと絶対に親の責任だ!、、、我が子に対して、
、、極端な過保護、逆に厳し過ぎるしつけ、または放任、或いは虐待!

その結果、往々にしてこんな悪ガキ、クソガキが生まれる、、、
そして、そんなクソガキ共は似たような他のガキと徒党を組み、、、
その中で一番の悪ガキが、自分だけに都合の良いルールを勝手に創って
仲間内にそのルールを徹底させる、、、

しかし、仲間内でそのルールにちょっとでも反抗したり、云うとおりに
しない、あるいは自分が何か気に入らないガキがいたら徹底的にイジメ、
それを他の仲間にも強要する。
   、、、そして、時として突然キレて最後の線を越えてしまう!
        、、、と同時に他の仲間を引きずり込む事も忘れない。
            、、、だから本当にどうしようもない馬鹿アホなのだ!

そんな悪ガキは実際の年齢以下に幼稚なので、卑怯にもなり、さらに
精神が捻くれているから責任感など当然ない!
自分に都合が悪くなると逃げ出してしまう! 本当に糞ガキなのだ!
その様に育ったのも、前記したように全て親の責任なのだッ!


◎さらに誤解を恐れずに書けば、、、
上記の様に育ってしまった悪ガキは、どうしようもないから徹底的に
鍛え直さなければならないが、、、?
しかし、実際にはそれで更生出来るのは至難の技だろう?

つまり、この様に一旦グレたり、ましてや殺人事件など凶悪犯罪を犯した
悪ガキは、ほとんど更生は不可能!
と私は思っている。
人間の能ミソは、一度刷り込められた悪のDNAはそうそう簡単には
消えない!、、、だから救いようがない、と私は思っている。

かように殺人まで犯したガキは最悪で救い様がないが、そこまでなくても
例えば、小さい時からやんちゃでケンカ早いとか、負けん気が強いとか、、
それが思春期になって不良グループに入ったり、暴走族くずれになったり、
そんなタイプ、キャラの子供はそもそも悪ガキの資質を充分持っている!
それは大抵の場合、親の遺伝子を受け継いでいる、、、
          、、、だから心当たりが有る親はよほど要注意なのだ!



◎以上、さんざん親の責任を書いたが、、、
『イヤ親の責任だけではない、今の世の中が悪いんだ!』、、と、そして、
挙句の果ては『今の政治が悪いんだ!』等とテレビで左巻きコメンテーター
が、如何にも したり顔で云うのが私は大嫌いだ! それこそアホだッ!

世界が、世の中が、どんなに変わろうが、親子の関係に変わりはなし!
子供がどう育つか? 成長するか?、それは全て大人、親次第だろうが!

Aisatsu世の中や社会が悪い、と云うんであれば、、、
『アンタら、普段は近所でロクに挨拶も交わさない
クセに、こんな事件が起こった時だけ、、、
やれコミュニティがどうのとか、神妙な顔をして、
大人がもっと早く気付くべきだった、等と尤もらしい
御託を並べやがって!』、と私は叫びたい!

つまり、最近の人は近所付き合いも嫌い、大人同士の挨拶もロクにしない、
子供に『おはよう!』と声かけてもマトモに返事もせず、何故か?と思えば、
『知らない人から声かけられても返事しないこと!』と教えられてるとか?
全くもって開いた口が塞がらない!

そんな世の中のクセに、災害が起これば やれ絆だ、やれ助け合いだ、、、
等と口では云いながら、我が町には原発廃棄物は受け入れたくない、、、
近所の学校や保育園の子供の声がウルサイ、、、とかその他モロモロ、
身勝手な事ばかり云う大人達、キレイ事ばかり云う人間共が多い。

そんな大人が多いから、今回の様な凶悪事件を起こす悪ガキ共が
増えるんだッ! そんな大人たち、つまり各家庭の親どもが無責任だから、
昨今の様な少年犯罪が増えるんだ!

そう云う、こちたらだって人様の子育てにとやかく言うほど立派な親じゃ
ないけれど、
少なくとも我が子が犯罪を起こす様な育て方はしなかった。



◎最後に、、、

こんな馬鹿な大人たちが創りだした馬鹿アホガキ共の凶悪犯罪を、
少年法で厳重処罰が出来ないのなら、その親、保護者に責任を取って
貰おうじゃないかッ!
示談解決とか、民事裁判ではなくて保護者に直接刑罰を与える様に
すれば良いだろうが!

Warugaki映画「Gran Torino」、ではないけれど、、、
私はこの映画の主人公に憧れる。つまり、、、
悪ガキどもを徹底的に懲らしめたい!^_^)
そして、悪ガキどもの最後がどうなるか?
彼らに知らしめたい、、、!



◎過去の関連記事。
“いじめ”と自殺
挨拶しない大人達
子供の育て方
老いても子は従え!
一億総幼稚化

2016年8月22日 (月)

“ニイタカヤマノボレ”、の送信元は?

先8月15日の拙ブログ新高山に登ったけど? で書いた昭和16年12月8日、
日本が米国との開戦に踏み切った 真珠湾攻撃! 
この合図の暗号電文が我海軍の機動部隊に送信された、あの有名な、、、
「ニイタカヤマノボレ 一二〇八(ひとふたまるはち)」、、、

この電文が実際に送信された場所、とされる所が何と! 我家から
ほど近い隣県の刈谷市にあること自体は以前から聞き知ってはいたが?

そこは、「依佐美(よさみ)送信所記念館」 と云う所で、公共交通機関が
通っていない刈谷市の畑のど真ん中なので、ついつい行きそびれて
いたところ、前記の拙ブログを読んでくれた刈谷在住の友人に誘われて、
彼の車で案内して頂いて初めて見学する事ができた。

Img_0001そこは刈谷市のほぼ中心、周囲は広大な畑の
ド真ん中にある、「フローラルガーデン依佐美」
と云う、主に花や植物が多い公園敷地内。
その一角に建っている立派な建物で、
何でも2012年3月31日にリニューアルオープン
したらしいので、まだ真新しい!



◎記念館のガイドブック、その他によれば、、、
現在の刈谷市(当時の愛知県碧海郡依佐美村)に世界最大級の大電力
無線通信所として設立、運用開始された。(1929年(昭和4年)
それは超長波の17.44kHz、波長:約17㎞、出力500kW だった!

結局、あの昭和初期はまだ短波放送の黎明期で、諸外国や太平洋上の
我が艦船向け無線通信は長波に頼らざるを得なかった。その中で特に
超長波、と云う電波の特質は、海面下まで届く唯一の波長 なので、
太平洋戦争時には日本海軍の潜水艦との交信に重用された。

従って、、、
「ニイタカヤマノボレ」の暗号文も、この依佐美送信所から潜水艦へ発信
されたらしい!? (参考:電磁波の種類と特徴

Img_0015

依佐美送信所は1929年(昭和4年)から欧州向け
に運用を開始。





Img_0021大電力のテレフンケン式高周波発電機(ドイツ製)
を使用した超長波送信設備と、、、、

刈谷市のシンボルとして市民から親しまれた
高さ250mのアンテナ鉄塔8基は、1993年にその
役目を終えるまで活躍した。

Antena250mの高い鉄塔8基(4基×2列)は横方向2本の
鉄塔間隔が500m。 縦方向4本の鉄塔間隔は
それぞれ480m合計1440m、と広大な敷地に
建設されていたので、近隣周囲の何処からでも
見えるし、特に夜はその鉄塔上部に付けられた
警告灯の輝きで目印としても役に立ったらしい!

そして、依佐美送信所は1997年(平成9年)に鉄塔、2006年(平成18年)
には送信所が解体されたが、今も重要な機械遺産・産業遺産として
一部の施設を残しているのが今回見学した、依佐美送信所記念館。
想像していたより比較的近年まで使われていた事にオドロキ!

Img_0007その正面玄関前には、上記アンテナの一部、
それも250mの1/10サイズ、25mが建っていた。

記念館は、歴史的マイルストーンと産業遺産と
しての歴史的施設であり、依佐美送信所の
関係資料を保存する施設で、貴重な産業遺産で
ある送信機器類が数多く展示されている貴重な
施設だった。



ただ、私が気なったのは、終戦後この施設が米軍に接収されたのは
止むを得ないだろうが、1950年頃から在日米軍は何とッ! 自分達の
対潜水艦通信にここの施設を利用していたらしい。
まぁ~、アメリカも意外とセコイな~!^_^)、、、
それとも日本の技術力に脱帽していたのかな?ならば許すとしよう!^_^)


◎依佐美送信所の見学を終えて、、、

その歴史、ひいては日本の歴史をも振り返ることが出来る立派な施設、
と強く感じた。だからこんな施設は是非後世まで残すべき!とも思った。

ただ、ここは如何せん電気電波機械の施設なので自ずから専門的になり
あまり一般向けとは云えない。
しかし、あまりにも立派な施設設備なので出来るだけ多くの人に訪問して
貰うには、もう少し一般受けする簡単な説明や工夫が必要かも?

私自身は、若い頃の趣味だったHAM(アマチュア無線家JA6DDK)的関心、
それに強電分野での業務経験上、モーターや発電機等と、それの制御に
関する経験も有ったので、見学中非常に興味津々だった。


◎最後に、、、

この依佐美送信所記念館は、昭和初期の日本の技術力の高さを改めて
認識させてくれる、とにかく素晴らしい施設だった!

写真集 ≪依佐美送信所記念館2016.08.19≫ も是非ご覧下さい!
 (※詳細説明を書いています。以下と併せてご覧あれ!)

Kikaisetsubi←記念館のガイドブックにある設備の説明書











◎以下、関連資料。
公式サイト
依佐美送信所 (Wikipedia)
フローラルガーデン依佐美
依佐美送信所 (アマ無線局JA2DJNのページ)
(※こちらを大いに参考にさせて頂きました!)

◎過去に書いた関連ブログ記事。
新高山に登ったけど?

2016年8月20日 (土)

『村上 寛 (drumas) トリオ』

先18日(木)夜、『村上 寛 (drumas) トリオ』 を聴きに行った。
         、、、場所はいつものジャズ・ライブハウス“Mr.Kenny's”

やっぱりベテラン・ジャズメンの生演奏は逃せないからね~!^_^)

2016818live
このレジェンド・ドラマーのライブは、過去何回か聴いたが、、、
最後は2014年6月 5日 (木)の『村上 寛 Quartet』 だったから、、、
今回は約2年ぶりだった。



◎この日のサイドメンは、、、
ピアノの楠 直孝、この人は前回、『村上 寛 Quartet』 の時に一度聴いた
ので、今回は二回目だった。
そしてベースが鈴木克人、この人は今回が初めて聴くベースマンだった。
以下、前回ライブのブログ記事と一部重複するが、、、

先ず御大、ドラムの村上 寛Wikipedia によれば、

Drums村上 寛(むらかみ ひろし、1948年3月14日 - )、、
、って事は御年68歳!
東京都出身のドラマーで、1967年に本田竹広
トリオで活動を始める。
その後、菊地雅章渡辺貞夫などのグループに
参加。
1978年から、本田竹広峰厚介らとジャズフュージョングループとして
人気を博したネイティブ・サンを結成、、、
、、、以下略、、、



◎今回の演目は、、、
楠 直孝(piano) のオリジナル作品を二、三曲を交え、他バド・パウエルや、
たしか?ウェイン・ショーターの曲、それにA・カルロス・ジョビン、、等など、
多彩な曲目を織り交ぜた2st.白熱のライブだった!

20160818murakami_hirishi_2
村上 寛 のドラミングは、とても御年68歳とは思えない、相変わらず
パワフルでとてもエキサイティング!
特にそのソロは、何処となくメロディックなので聴いてて疲れないし、
素晴らしいテクニックに今回も圧倒されてしまった。
バラードのプレイでは、そのブラッシュ・ワークが特に耳に心地良かった。

そして、ピアノの楠 直孝、、、
こちらも若いのに、そのテクニックに驚嘆! アップ・テンポの時の右手の
高速連打にはショック!

また、ベースの鈴木克人、、、
トーンが太くて如何にもウッド・ベースの音色! アップ・テンポを、
いとも簡単に弾きこなす超テクには驚いた!



◎まぁ~久しぶりだった、ピアノトリオ・ライブ!
やっぱり良いね~! オーソドックスな演奏スタイルながら、その実、、?
三人の息の合ったスリリングでエキサイティングな演奏に聴き惚れた!
トリオのまとまりは、各プレーヤーの卓越したテクニックと音楽性の深さ、
、そこに村上 寛の凄みを帯びたドラムが加わって、三人が渾然一体と
なって、重厚でシャープなサウンドを生み出したのだろう!

以下、参考までにこの日のメンバーのウェブサイトを紹介、、、!
 村上 寛(dms)、 楠直孝(piano)、  鈴木克人(bass)




◎最後に、、、
今、以前買った村上 寛のリーダー・アルバム 『Vivo!』 を聴きながら
このブログを書いている。(AMAZONでも売ってるよ!)
Xat1245394151村上 寛(dms)
峰 厚介(ts)
佐藤允彦(pf)
加藤真一(b)



◎関連拙ブログ、
本文記事左側INDEX欄 ※“趣味の音楽関連シリーズ” もご覧ください!
(1)その中の
“音を楽しむ徒然語り” その17(最終回) のシリーズ、他。
(2)またHPの
“Modern Jazz LP Collection” (Part 1, 2) も併せご覧下さい。

«新高山に登ったけど?